B-7.中尊寺経断簡(二代基衡発願 千部一日経) ご売約となりました。有難うございました。





サイズ 本紙 縦253o、横113o、界高198o、界幅18o

紺紙金字経、観普賢経(法華経結経)、平安時代末期

初代清衡に続いて二代基衡が発願した法華経「千部一日経」といわれる経の一部です。書写の年代は12世紀中頃と言われています。
千部一日経とは、一日に法華経(開結共十巻)を書写し、それを千日間続けるという一切経にも勝るとも劣らない途方もない写経計画です。

経名は法華経の結経の観普賢経で、濃く染められた発色の良い紺紙にやや小粒の端正な楷書で書かれています。
文字色はやや粗い粒子の金泥が使われ、光を当てると光沢を放ちます。
保存状態は上部の余白に虫穴が二か所あります。(裏から同系色の補修があり目立ちません)
また、上部余白に糊が付着し、強い光を当てると反射する場合があります。
表具は細身の台紙貼りの茶掛表装の新装です。本紙の周囲の余白は控え目な金砂子が蒔かれています。
表具の形状は通常のものより台紙の余白を狭くして、細身に仕立ててあります。

尚、伝来に関してですが、
近年になり絵替わりの見返しを持つ経巻から切り分けられたため、基衡願経であることは間違いありません。